Menu+*

News+*

Link+*

[PR] ダイビングならAQROSで全部揃います!

自分の肌の声

洗顔の後、なんだか肌がつっぱる感じがする…ということが誰しもあると思います。
そんな時肌は「潤いが足りない」と訴えている状態なのです。
また、なんか今日の私の顔…疲れている?
ということがあるかと思います。
それはお肌が「あなたの顔、今くすんでいるよ!」「ファンデーションの色が合ってないよ」と教えてくれているのです。 この肌の声を聞いている人は、自分の肌にピッタリの化粧品に出会えるはずです。
肌は、季節や年齢と共に日々変化し、求める肌状態も人それぞれです。朝晩の洗顔の後や、メイクの後、肌の潤い状態や、ファンデーションの乗り具合など、自分の肌に問い直してみましょう。

情報収集をしっかりする

これは化粧品選びだけに限った事ではありませんが何事にも、情報収集は大切です。
しかし年々、テレビやファッション誌、インターネットなど、情報量が増えすぎて本当に必要な情報が手に入りにくくなっている現状があります。
情報量が多すぎて、何をどう選択していいのか迷ってしまい、挙句の果てに「化粧品難民」となってしまっている方もいらっしゃるかと思います。
しかし自分の肌を理解できていたら、今自分の肌には何が必要で何を求めているかが分かります。

選択の基準

ここで、良い化粧品選びの基本を書いていきたいと思います。

その1:香り
第1の選択の基準は香りです。最近では、そこまできつい香料のスキンケア商品は少なくなってきました。
無香料タイプもたくさん発売されています。

その2:使用感
第2の基準点は使用感です。日本女性は世界で一番、テクスチャーを重視するのだといいます。
乾いた土に水が染み込んでいくように、化粧水や美容液が肌に入っていく感じが良いでしょう。
また、クリームで潤いをシッカリ肌に閉じ込めているという感覚も大事です。

その3:価格
第3の基準点は価格です。
ついつい「高価なもの=良いもの」という、方程式が頭をよぎってしまうかもしれませんが、必ずしも高価なコスメが良い!という訳ではありません。「値段が高くて高級だから」と自分の肌に合っていないのに使用している人もいるかと思います。
また、高価すぎると、ついついちょっとずつ使用しがちですが、そんな風に使っていても効果など期待出来ません。
納得価格でたっぷり使用する方が間違いなく効果は大きいでしょう。