Menu+*

News+*

Link+*

[PR] 仙台でインプラントするなら村上歯科医院に相談
[PR] 「みんなのFX」でFX取引をはじめよう
[PR] 通販でダイビング器材を買おう!

メイク前の準備

メイクの仕方がわからない…自分にあったメイクがわからない…思うようにメイクができないと悩んでいる女性も多いかと思います。
メイクの方法や順番、コスメ選びなど色々と対策を練っているかもしれませんが、まずその前にメイクがうまくいくための土台作りが欠かせません。
当然のことながらメイクは整った肌の方がうまくいきます。
スキンケア製品の種類にばかり目がいって基本がなっていない、こんなケースも少なくないのです。
意外に忘れられがちですが、まずはうぶ毛の処理です。
うぶ毛が生えているとファンデーションが均等に塗ることが出来ないなどメイクの問題をもたらすことがあるのでしっかりと処理していきましょう。

次に大切なのが肌の保湿です。お肌の最大の敵、乾燥。
肌の健康状態が損なわれるだけでなく、化粧崩れの原因にもなります。
乾燥肌にならないための日常生活も改善も大事ですが、なんといっても化粧水。
メイクを始める前には毛穴の奥深くまでしっかり浸透させるようにしておきましょう。
しかし、油分が多すぎても化粧崩れの原因となります。とくに乳液の使用は要注意です。
使用した後はティッシュなどで表面に残った分を除去することでメイクを長持ちさせることができます。
メイクをうまく行うためには土台となる肌の状態を整えておくことがとっても大切です。

メイクの順番

意外に「わからない」と声多く寄せられるのがメイクの順番です。
色々なコスメを試し、メイクの方法を模索しているにも関わらずなかなか望むようなメイクができていない場合はメイクの順番が間違っている可能性があります。
それではスキンケアの段階から順に見ていきましょう。

1:洗顔

力を入れてゴシゴシ洗うのではなく、優しく丁寧に洗ってあげましょう。
お肌はとってもデリケート。力任せに汚れを落とそうとしても、返ってお肌が荒れてしまう原因となってしまいます。

2:化粧水

洗顔を終えたあとのお肌は砂漠状態です。化粧水をたっぷりつけて潤いをあげましょう。

3:乳液・美容液・美容クリーム

こちらは人によって異なってきますが、自分の肌質に合わせて相応しいものを選んでいきましょう。

4:化粧下地

ベースメイクができているかどうかでファンデーションの量や仕上がりが大きく異なってきます。
ファンデーションよりも化粧下地選びを重視するべきという声もあるほどですので十分に注意して選びましょう。

5:ファンデーションorリキッドファンデーション

こちらの順序は意見が分かれると思いますが、リキッドファンデーションの場合はコンシーラーが後、パウダーファンデーションの場合はコンシーラーが先、というのが一般的です。ただこれは必ずしもすべてのケースに当てはまるわけではありません。

6:アイシャドー・アイライナー

自分に合った色、好きな色をつけていきましょう。

7:マスカラ

重ね付けする人もいるかと思いますが、つけすぎるとダマになってしまったり、 なかなか落ちなくてクレンジングの際にこすりすぎてしまい、お肌が荒れてしまう原因になってしまいます。
近頃ではお湯で落ちる商品などもありますので、そちらも参考にして見て下さい。

8:口紅、ほお紅

最後に口元、頬のメイクになります。
こちらも様々なタイプ、種類等あると思いますが、つけすぎには注意しましょう。
改めてメイクの順番を見直してみて、これまでの方法が正しかったのかどうか確認してみましょう。